頭上から蝉しぐれが降り注ぐ白昼
息苦しいほどの湿気がまとわりつく
それでも時が過ぎるのも忘れてしまうほど
ファインダーの中のナツエビネは気高く美しい。