幸いにも盗掘者に見つからなかったのか
倒木の陰に隠れてサルメンエビネが咲いていた。
ブナの新緑に染まった陽光が降り注ぎ
やがて森の奥へと、終の棲家へと帰っていく。